【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

トレード戦略やバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

FXMT4インジケーターブログ

【損小利大が狙えるトレード手法】 精度もなかなかよくスイング向きだが上位時間足の確認で短期取引も可能

f:id:beck0607jp:20180610232641j:plain

1時間足から日足に向いた手法です。精度が良かったので、アラートとメール機能がついたインジケーターも一緒に紹介することにしました。

トレード手法を覚える前に覚えておきたい知識

 AWESOME OSCILLATOR(AO)の見方

 AWESOME OSCILLATORはサブチャートに表示されているものです。メインチャートの赤と青のラインはTriggerlineというインジケーターです。

AOは設定期間などはなく、パラメーターは固定されています。

f:id:beck0607jp:20180610211614j:plain

上の画像の通り上昇しているときは緑、下降しているときは赤で表示されます

 

Accelerator Oscillator(AC)の見方

ACは先ほど紹介したAO(AWESOME OSCILLATOR)をベースに作られたインジケーターです。先に紹介したAOは色の変化を見ましたが、ACは真ん中の0ラインを超えたかどうかで考えます。

f:id:beck0607jp:20180610190124j:plain

上の赤い資格で囲んだところが0ラインを超えたところになります。

以上を踏まえて手法の紹介になります。

 

AO+AC+Triggerlinを使った手法の解説

 推奨時間足は1時間足、4時間足、日足です。

買いエントリーの場合

1)AOが緑、ACが0ラインを上に抜けたことを確認。

2)メインチャートの赤と青のTriggerLineが青

3)1本前のローソク足の高値を超えていたらエントリー。

参考画像

f:id:beck0607jp:20180610214420j:plain

 売りのエントリーは買いのエントリーの逆になります。

※買いエントリーの点線の位置がずれていました。もうちょっと左でした( ;∀;)すいません

 

 IFO注文でトレードする場合の分散決済

大きい時間足でエントリーをする場合は複数通貨からこのサインを見つけて、先に逆指値のIFO注文を入れておくと楽にトレードできます。参考までに目安になる通貨ごとの利益確定PIPSを紹介しておきます。

 

f:id:beck0607jp:20180610214906j:plain

上の表の見方ですが、ポンドドル(Gbp/Usd)の日足(DAILY)を見て頂くと50、100、100、150、150とあります。これは下の画像のようなイメージです。

 

f:id:beck0607jp:20180610215646j:plain

分散での決済をしない場合はストップまでの幅が50pipsなら利益確定を100pips

にするという感じで、1:2くらいにしておくといいかと思います。

そのうえで、反転した場合は途中決済するという方法がいいのかなと思います。

 AOACのエントリー条件が一致したときにお知らせしてくれるインジケーター

f:id:beck0607jp:20180610225405j:plain

 上の画像の赤枠で囲んだところがAOAC with Alerts1.1というインジケーターなのですが、正直紹介するかどうか悩みました。というのも、ACが0ラインを超えることがエントリー条件なのですが、AOAC with Alerts1.1は、両方とも色が揃ったらアラートが鳴る仕様なのです。

 

なので、0ラインを超えているかどうかは目視で確認してもらう必要があるのでご了承ください。

 

【色の説明】

緑=AOACともに緑

赤=AOACともに赤

グレー=AOACが不一致

f:id:beck0607jp:20180610225816j:plain

falseをtrueに変えることでプッシュ通知とメールのON・OFFが可能です。アラートはOFFにすることができなく、色が揃うとPOPUPと音が鳴ります。

f:id:beck0607jp:20180610231656j:plain

また、5分、15分の足でも使えないことはありません。上位時間の方向にエントリーを心がけることで勝率はよくなると思います。

まずは一時間足で相場状況を確認してからエントリー戦略を練るほうがいいかと思います。

 

AO+AC+Triggerline手法のダウンロードはこちらから