【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

FXトレードやバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

MENU

2015年からトレードしているマルコさんのトレンドフォローシステムを簡単に解説してみた

f:id:beck0607jp:20210508182623p:plain

Marco's Smashing Potatoes 3.0

Marco's Smashing Potatoes 3.0はトレンドフォローシステムです。シンプルで見やすいシステムだと思います。テンプレート付きです。このシステムの開発者さんは2015年からトレードをはじめて今の形に落ち着いたそうです。

 Marco's Smashing Potatoes 3.0のインジケーター一覧

f:id:beck0607jp:20210508182828p:plain

経済指標を表示してくれる「News reader-new」やチャートの背景に通貨ペアと時間足を表示してくれる「YFX_ind_SymbolWatermark」などはあまり必要ないかなと思います。

 

Marco's Smashing Potatoes 3.0の解説の前に

f:id:beck0607jp:20210508185202p:plain
平均足とほぼ重なる形でEMA8があります。今後説明するときに「EMA8が赤になって」といった説明をした際に「EMA8なくない?」となるのを防ぐために先に説明しました。またEMA200とスーパートレンドも解説中に出てくるので書いておきました。

 

Marco's Smashing Potatoes 3.0の解説

基本的には全部青なら買い、全部赤なら売りです。とりあえず、エントリー例を紹介したいと思います。まずは下のチャートをご覧ください。

f:id:beck0607jp:20210508190133p:plain
チャート内に①②③と番号をふったのでその順番で説明していきます。

①ニューヨークオープンの時間。

黄色の縦線がニューヨークオープンの時間です。ニューヨークがオープンした時点ですでに上位足が売り傾向ということが確認できると思います。

②売りのエントリー

5分足、15分足、30分足のEMA8がすべて赤

スーパートレンドが赤に変化したタイミングでエントリー

③利益確定

5分足のEMA8が反転して青に変化したので利益確定

 売りのエントリーがこんな感じです。表示している時間足全てでEMA200より下にローソク足が位置していることからも売りの傾向が強いことがわかる場面だと思います。また、EMAやスーパートレンドにはアラート機能も付いているのでタイミングはとりやすいと思います。

 

Marco's Smashing Potatoes 3.0の開発者のトレード

先ほど紹介したエントリー例はMarco's Smashing Potatoes 3.0の開発者さんのトレードの一例です。この方は先ほどの売りエントリーの例のようにニューヨークオープンを狙ってトレードすることが多いそうです。

また、チャートの一番下にRSXのオシレーターがありますがそのサインではエントリーしないそうです。あくまで買われ過ぎ売られ過ぎを見るだけで不利な位置でエントリーしないために表示しているそうです。一応参考までに。

もちろん、全部青、全部赤だったとしてもトレンドが続かずに損切するような場面はありますが、視覚的にもわかりやすいトレードシステムだと思います。

ダウンロード→Marcos Smashing Potatoes 3.0.zip - Google ドライブ

 

zipファイルのダウンロードの仕方がわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

MT4インジケーターのダウンロード方法と注意点 - 【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ

 

2万円もらって海外FXをはじめる方法 

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドが出ている通貨を素早く見つけて有利にトレードしたい方へ

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドラインで相場を8段階自動分析!

fxsystem.hatenablog.com

 海外FX業者のメリットデメリットを解説。本当の危機が来た時、国内業者は守ってくれない!?

fxsystem.hatenablog.com