【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

トレード戦略やバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

FXMT4インジケーターブログ

相場状況が把握できずパニックにならないためにも移動平均線を束ねてみる Taotra

f:id:beck0607jp:20190904170201j:plain

Taotra

Taotraは移動平均線を束ねたインジケーターです。視覚的にも見やすいので今の相場の流れを把握しやすくなると思います。

 Taotraの内容

f:id:beck0607jp:20190904170649j:plain

特にアラートなどはないのですが、いろいろと表示方法を変えることができます。簡単にですが、設定を変えるとチャートにどのように表示されるのか、紹介したいと思います。

 

Starting periodの値を変更した場合

Starting periodの値はデフォルトで3になっていて、これは移動平均線で言うところの「期間」にあたります。

20に設定すれば一本目のスタートは期間20からスタートするということになります。

f:id:beck0607jp:20190904171119j:plain

f:id:beck0607jp:20190904171426j:plain

デフォルトの場合はこんな感じです。

f:id:beck0607jp:20190904171521j:plain

 

Period stepの値を変更した場合

次にPeriod stepというのがパラメーターにあるのですが、これは「期間をいくつずつ増やしますか?」というものです。デフォルトでは2なっており、この移動平均線の期間が2ずつ増えています。これをたとえば10にするとこんな感じになります。

f:id:beck0607jp:20190904172145j:plain

f:id:beck0607jp:20190904172200j:plain

 

Number of averageを変更した場合

Number of averageは、移動平均線の本数です。デフォルトでは20本になっており、例えばこれを100本にするとこんな感じです。

f:id:beck0607jp:20190904172845j:plain

f:id:beck0607jp:20190904172903j:plain

色鮮やかですね。さすがに100本の移動平均線を使う人は少ないと思いますがこういうことも可能です。

 

Line styleを変更した場合

Line styleはデフォルトではDotになっており、ドットで表示されています。もし、ドットではなく普通のラインを表示したい場合はsolidを選んでください。

f:id:beck0607jp:20190904173326j:plain

f:id:beck0607jp:20190904173348j:plain

他にもいくつか種類があるので見やすいのを選んでみてください。

 

Line widthの値を変更した場合

Line widthという項目で移動平均線の太さを変えられます。デフォルトは0ですが例えば3にするとこんな感じになります。

f:id:beck0607jp:20190904173641j:plain

f:id:beck0607jp:20190904173656j:plain

お好みで0~3くらいで調節するといいと思います。

 

ダウンロードはこちら→Taotra.ex4

 

余談ですけど、このTaotraというインジケーター、「なんて読むのかな、タオトラって読むのかなー、意味は何だろう」という感じで検索したら

f:id:beck0607jp:20190904174048j:plain

マダガスカル語でパニックでした・・・ほんと余談w