【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

FXトレードやバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

MENU

MACDをベースにしたOsMAのダイバージェンスを表示してくれるインジケーター

f:id:beck0607jp:20201214174517p:plain

i_indicator

i_indicatorはダイバージェンスでアラートを鳴らしてくれるインジケーターです。OsMAのダイバージェンスのようです。思ったよりいいところでサインが出る印象なので紹介することにしました。

 i_indicatorのパラメーター

f:id:beck0607jp:20201214175249p:plain

こちらはサムネのパラメーターになります。赤い四角で囲ってあるところが変更したところです。OsMAはMACDをベースとしたインジケーターなのでここのパラメーターもMACDを参考に入力してもいいかもしれません。

 

表示されるサインはローソク足200本分

デフォルトでは過去にさかのぼると矢印が消えてしまいます。

f:id:beck0607jp:20201214180718p:plain

黄色い縦線より左側にはサインが表示されていません。もしサインを表示したい場合はパラメーターの「DisplayCount」という項目を変更します。

f:id:beck0607jp:20201214180937p:plain

上の画像の青くなっているところに「10000」と入力しました。そうするとローソク足10000本まで計算してくれるので過去チャートにもサインが反映されます。デフォルトでは「200」となっています。

f:id:beck0607jp:20201214181811p:plain

こう見ても割といいところでサインが出ている気がします。リペイントに関しては上のチャートの一番左の白丸のように近い時間帯で複数サインが出てしまうということはありますが、たぶんしないと思います。

 

もちろん、すべて完璧なサインというわけではありません。

f:id:beck0607jp:20201214183229p:plain

こんな感じでズレている場面も見受けられます。

ということで気になる方はこちらからどうぞ

ダウンロード→i_indicator.ex4 - Google ドライブ

 

2万円もらって海外FXをはじめる方法 

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドが出ている通貨を素早く見つけて有利にトレードしたい方へ

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドラインで相場を8段階自動分析!

fxsystem.hatenablog.com

 海外FX業者のメリットデメリットを解説。本当の危機が来た時、国内業者は守ってくれない!?

fxsystem.hatenablog.com