【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

FXトレードやバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

FXMT4インジケーターブログ

三本のLSMAのラインの期間、すべて233!・・・フィボナッチ数列を参考にしているらしいです Triggerlines Channel System

f:id:beck0607jp:20200117224452j:plain

Triggerlines Channel System

Triggerlines Channel Systemは3本のLSMAを使っています。アラートなどはないので相場の環境認識に使えると思います。右上の時間やATRも地味にいいなと思っています。

 Triggerlines Channel System の内容

上のライン

f:id:beck0607jp:20200117224821j:plain

真ん中のライン

f:id:beck0607jp:20200117224837j:plain

下のライン

f:id:beck0607jp:20200117224849j:plain

上の3つのパラメーターを見てください。どれもLSMAのピリオド(Lsma period)が233になっていると思います。これはフィボナッチ数列を参考に決めた値のようです。

 1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233←これですね。

そして、三本のラインは重なることなくバラバラである理由は、Lsma priceが異なるからです。上から順にHigh、Close、Lowになっているのが確認できると思います。

これによって三本のラインは重なることなくラインを形成します。

 

地味にうれしい右上の表示

f:id:beck0607jp:20200117225607j:plain

右上のこの表示は次のように並んでいます。

スプレッド 1.7

Bar Left :次のローソク足までの時間 

Sydney:シドニーの時間

Tokyo:東京の時間

Berlin:ベルリンの時間

London:ロンドンの時間

New York:ニューヨークの時間

ATR(20):ATR20期間の値×2を表示

 

そして市場が開いている時間は赤く表示され、市場が終わっている時間はグレーで表示されます。上の画像だとシドニーと東京が閉まっているのがわかると思います。

 

ATRの値はテンプレートを入れた後だと「ATR20期間の値×2」の値を表示します。

よく損切はATRの3倍と言われているので、「ATR×3」に変更してみます。

ATR in pips」というインジケーターのパラメーターをいじります。

f:id:beck0607jp:20200117231204j:plain

上の画像は既に変更してあるのですが、multiplier(掛け算)という項目を3に変更しました。これでATRの3倍が右上に表示されます。

しかし、困ったことに大きさを変えることができませんでした。LabelColorを黒に変更するとちょっとだけ見やすくなります。

f:id:beck0607jp:20200117231625j:plain

フィボナッチ数列の233にどれだけ信憑性があるかわかりませんが、相場の方向感などは把握しやすいのでフィルターのような役割で使えるかなと思います。

ダウンロード→Triggerlines Channel System.zip - Google ドライブ

 

ダウンロードのやり方がわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

fxsystem.hatenablog.com 

トレンドが出ている通貨を素早く見つけて有利にトレードしたい方へ

fxsystem.hatenablog.com