【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

FXトレードやバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

FXMT4インジケーターブログ

手動で引いたような細かいトレンドラインを自動で引いてくれるインジケーター

f:id:beck0607jp:20200710180144j:plain

WATL-Open Source button

WATL-Open Source buttonは、トレンドラインを自動で引いてくるインジです。過去にもトレンドラインを引いてくれるインジを紹介しましたが、今回の「WATL-Open Source button」は以前のものよりも細かいトレンドラインを引いてくます。

WATL-Open Source button のパラメーター

f:id:beck0607jp:20200710180606j:plain

f:id:beck0607jp:20200710180623j:plain

サムネのパラメーターになります。これは変更したパラメーターでデフォルトのものではありません。なので手動で設定するか、「WATL Trendlines.set」というのをダウンロードして読み込んでください。「WATL Trendlines.set」は記事の最後のほうでこのインジケーターのダウンロードリンクとは別に用意しておきます。

「WATL Trendlines.set」の読み込み方

f:id:beck0607jp:20200710182814j:plain

 上の赤く囲んだ「読み込み」というところをクリックしてください。そうすると下のようなファイルを選択する画面が開きます。

f:id:beck0607jp:20200710183244j:plain

開いたら読み込むファイルである「WATL Trendlines.set」を選択して「開く」を押してください。そうするとパラメーターが自動で入力されて、サムネのチャート設定になります。

以前紹介した自動でトレンドラインを引いてくれるインジと比較してみた

以前紹介した記事はこちらです。

fxsystem.hatenablog.com

 上の記事の豪ドル円15分足のチャートがこちら

f:id:beck0607jp:20200710184655j:plain

WATL-Open Source buttonのチャートがこちら

f:id:beck0607jp:20200710184627j:plain

こうして比較してみても今回紹介したWATL-Open Source buttonのほうは手動で書いた感が強い印象を受けました。

左下のボタンをクリックするとトレンドラインが消えます

f:id:beck0607jp:20200710185428j:plain

左下のボタンをクリックすると下のチャートのようにトレンドラインが消えます。

f:id:beck0607jp:20200710185516j:plain

トレンドラインが邪魔な場合は左下のボタンを押して消しておくというのができるので便利だと思います。

また、アラートも一応ついているのですが、個人的には微妙かなと思いました。それでも手動で細かく引いたようなトレンドラインを自動で引いてくれるのでどういった経緯で相場が動いてきたかなどがよくわかるのではないかと思いました。

ということで、気になる方はこちらからどうぞ

ダウンロード→WATL-Open Source button.ex4 - Google ドライブ

読み込み用のsetファイル→WATL Trendlines.set - Google ドライブ

 

 

ノーリスクでギャンブルをしてもいいじゃないか! 

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドが出ている通貨を素早く見つけて有利にトレードしたい方へ

fxsystem.hatenablog.com

 

 海外FX業者のメリットデメリットを解説。本当の危機が来た時、国内業者は守ってくれない!?

fxsystem.hatenablog.com