【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 

FXトレードやバイナリーオプションなどで使えそうな手法やMT4インジケーターを紹介しています。

FXMT4インジケーターブログ

ウィリアムパーセントレンジをメインチャートにブチ込んだインジケーター

f:id:beck0607jp:20200526204834j:plain

WPR averages OnChart - smooth arrows alerts

WPR averages OnChart - smooth arrows alertsは、本来オシレーターのウィリアムパーセントレンジをメインチャートに表示してくれるインジケーターです。

今回はWPR averages OnChart - smooth arrows alertsの見方を簡単に解説してみました。

 WPR averages OnChart - smooth arrows alertsのパラメーター

f:id:beck0607jp:20200526205548j:plain

f:id:beck0607jp:20200526205606j:plain

サムネのチャートはUSD/JPYの5分足にMTF15分の「WPR averages OnChart - smooth arrows alerts」を表示しています。

 

WPRとは何か?

簡単に言うと、ストキャスのような売られ過ぎ買われ過ぎを表すオシレーターの指標です。ふつうのWPRはこんなイメージです。

f:id:beck0607jp:20200530173624j:plain

0~100の間で移動し、‐20以上が買われ過ぎ、‐80以下が売られ過ぎという見方をします。これをメインチャートに表示したのが今回のWPR averages OnChart - smooth arrows alertsになります。

もっと詳しく知りたい場合は、「WPR FX」で検索すると解説しているサイトが出てきます。

 

WPR averages OnChart - smooth arrows alertsの見方

f:id:beck0607jp:20200530175338j:plain

上のチャートはドル円5分足にMTF15分のWPR averages OnChart を表示しています。

買われ過ぎのゾーン:-10から‐30の間

売られ過ぎのゾーン:-70から‐90の間

このゾーンに青と赤のスロープが到達すると買われ過ぎ、売られ過ぎという判断になります。

ただ、WPR(ウィリアムパーセントレンジ)という名称からわかるように、レンジを想定したインジケーターなのでトレンドが出ると張り付きます。

f:id:beck0607jp:20200530175919j:plain

 

WPR averages OnChart - smooth arrows alertsは見辛いので見やすくしてみた

使ってみたところ下のようにチャートが表示されるところがありました。

f:id:beck0607jp:20200526205940j:plain

これだとちょっとわかりにくいと思うのでチャートのスケールを固定するインジを入れてみました。それがこちら

f:id:beck0607jp:20200526210055j:plain

ちょっとは見やすくなったような気がします。このスケールを固定するインジはこちらからダウンロードできます。

fxsystem.hatenablog.com

 

私自身から見るとちょっと見づらく使いにくそうな印象があるのですが、なぜかダウンロード数が多いインジだったので紹介してみました。ボリバン的な位置づけで観察してみても面白いかもしれません。あとは現在のレンジ幅の予想とかですかね。

とまぁそういうことで、気になる方はこちらからどうぞ

ダウンロード→WPR averages OnChart - smooth arrows alerts.ex4 - Google ドライブ

 

あと以前にもWPRが含まれたサインインジを紹介していたので。興味がある方はこちらも覗いてみてください。

fxsystem.hatenablog.com

 

コロナに負けるな!ノーリスクでギャンブルをしてもいいじゃない!(キャンペーンが終了している場合があります) 

fxsystem.hatenablog.com

 

トレンドが出ている通貨を素早く見つけて有利にトレードしたい方へ

fxsystem.hatenablog.com

 

 海外FX業者のメリットデメリットを解説。本当の危機が来た時、国内業者は守ってくれない!?

fxsystem.hatenablog.com